短期集中型
臨床研究ワークショップ

-Short Term Clinical Research Workshop-

概 要

臨床研究における研究デザインや研究計画法、統計解析、解析ツールの使用方法といった
臨床研究に関わる様々な知識から、現在実施中の研究に関する相談など、
臨床研究の様々な段階における知識やノウハウを習得するための1.5時間から5日間の
短期集中型ワークショップを開催しております。これまでに院内外のみならず、
県外の方々にも参加していただいております

臨床研究にご興味のある方や臨床研究に関する知識を身につけたい方のご参加をお待ちしております



お知らせ

【再掲】第10回 夏期臨床研究ワークショップ
参加者募集を開始しました

日 時:平成29年7月31日(月) - 8月4日(金)
参加条件: 全日程(5日間)に参加可能な医療従事者
募集人数: 30名
受講料 : 無料
場 所 : 沖縄県内(琉球大学近辺)
※ 受講生はご自身のPCをご準備ください

申込み締切り : 平成29年4月14日(金)

プログラムのダウンロードはこちら
申込フォームのダウンロードはこちら

問い合わせ、申し込み先:
琉球大学大学院医学研究科 臨床研究教育管理学講座:
〒903-0215 沖縄県西原町字上原207 番地
TEL: 098-895-1508
E-mail: clinicalresearchryukyu[at]gmail.com
※ 受講希望者多数の場合、講師による選考をさせていただきます。
※ 参加ご希望の方は、申し込みフォームにご記入の上、上記事務局宛てにメールにてご送付ください。


夏期臨床研究ワークショップ10周年記念
シンポジウム開催のお知らせ

 

日 時:平成29年8月4日(金)
場 所:浦添市産業振興センター結の街3F(小研修室)

 今回で10年目の開催となる臨床研究ワークショップのこれまでの活動成果と今後目指すものについて、関係機関の方もお招きし、これまでの軌跡を振り返るシンポジウムを開催いたします。   

プログラムのダウンロードはこちら
申込方法: 参加ご希望の方は、①お名前 ②ご所属先 ③ご連絡先を明記の上、E-mailにてお申し込みください。
  
E-mail: clinicalresearchryukyu[at]gmail.com

第4回東京慈恵会医科大学 - 琉球大学共催
春期臨床研究ワークショップ参加者募集を
開始しました

 

第4回となる東京慈恵会医科大学 - 琉球大学共催
春期ワークショップの参加者を募集します。

日 時:平成29年3月4日(土) - 5日(日)
参加条件: 全日程参加可能な医療従事者
募集人数: 25名
受講料 : 無料
場 所 : 沖縄コンベンションセンター 会議B棟(5-6-7)
※ 受講生はご自身のPCをご準備ください

受講希望者は以下のリンクから申し込み用紙をダウンロードして
下記の連絡先までFAXまたはメールにてご連絡下さい。
申込み締切り : 平成29年1月6日(金)

申し込み用紙のダウンロードはこちら

問い合わせ、申し込み先:
琉球大学大学院医学研究科 臨床研究教育管理学講座:
〒903-0215 沖縄県西原町字上原207 番地
TEL: 098-895-1508
FAX: 098-895-1510
E-mail: clinicalresearchryukyu[at]gmail.com
※ 受講希望者多数の場合、講師による選考をさせていただきます。

第4回琉球大学-東京慈恵会医科大学
共催シンポジウムの開催のお知らせ

本シンポジウムは、臨床研究インテンシブフェローシップ
参加予定以外の医療従事者の方のご参加も可能です。

会 時: 平成29年3月3日(金)
場 所: 沖縄コンベンションセンター 会議B棟(5-6-7)
    沖縄県宜野湾市真志喜4丁目3番1号
    TEL: 098-898-3000
参加費: 無料

問い合わせ、連絡先:
連絡先: 琉球大学医学部医学研究科 臨床研究教育管理学講座
FAX: 098-895-1510, TEL: 098-895-1508
E-Mail: clinicalresearchryukyu[at]gmail.com

申込書・プログラム

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

臨床研究教育管理センター
教育シリーズVol.1を開催しました。

開催日: 2016年9月26日(月)
場所: 琉球大学医学部基礎講義実習棟 206
時間: 18:30 - 20:00
講師: 国立国際医療研究センター 臨床研究センター データサイエンス部
   臨床疫学研究室長/JCRACデータセンター長 大津 洋


国立国際医療研究センター 臨床研究センターよりインテンシブフェローシップ講師でもある
大津洋先生をお招きし、臨床研究教育管理センター教育シリーズVol.1を開催しました。

 前半では「臨床研究における評価スケールとバイアス」について、臨床研究の骨格にはじまり研究デザイン法から
データのばらつきとその見分け方ついてご教示いただきました。後半では「国際医療研究センターでのデータ管理」として、
琉球大学でも導入した臨床研究支援システム「REDCap」の導入事例をご紹介いただきました。
 学内外の医療機関より多くの方のご出席があり、活発な意見交換がなされました。

第3回JMPハンズオンセミナーを開催しました

開催日: 2016年9月21日(水) 18:30-21:00
場所: 琉球大学医学部臨床研究棟 大学院セミナー室
講師: 琉球大学大学院医学研究科 臨床薬理学講座 徳重明央


第3回JMPハンズオンセミナーを開催しました。
データの簡単なクリーニング法・変数の尺度や基本統計量といった基本的な概念を学び、
その後JMPを用いた実習にて各受講者が実際に手を動かし、出力結果について考えました。
学内外より多くの方にご参加いただきました。

第9回夏期臨床研究ワークショップを
開催致しました

開催日: 2016年8月1日(月) - 8月5日(金)
場所: 浦添市産業振興センター(結の街) 3F 大研修室
講師: 琉球大学大学院医学研究科 臨床研究教育管理学講座 教授 植田真一郎
    兵庫医科大学 臨床疫学 教授 森本 剛
    兵庫医科大学 地域包括ケア学 特任助教 関 進


5日間にわたり第9回目となる夏期臨床研究ワークショップを
開催いたしました。

 初日である1日目は、琉球大学大学院医学研究科長 松下正之先生から開会のご挨拶を
いただいた後、講師から臨床研究を行う際に留意すべき点やグループワークにおける
課題の説明などがありました。
 2日目の前半はチューターの先生方を交えたグループワークとして、課題についての
議論をおこないました。後半は、各グループによる課題の取り組み内容の発表と
ディスカッションの後、講師による臨床研究デザインについてのレクチャと
統計ソフトの導入が行われました。
 3日目 - 4日目の前半では、各グループで出し合った課題をもとに研究目的や
デザインについての議論を行い、研究計画書とデータベースの作成に取り組みました。
後半ではベーシック・アドバンストコースにわかれ、講師より統計学、データベース、
統計ソフトウェアへの適用など幅広い範囲にわたるレクチャが行われました。
最後に再度グループワークにて、レクチャで学んだことをもとに、
ディスカッションの結果を課題へ反映させました。
 最終日である5日目の前半では、それぞれのグループで取り組んだ課題についての
発表資料の作成を行いました。後半では課題についての発表を行い、
講師、チューター、受講生を含めた全員で活発な議論がなされました。

第2回JMPハンズオンセミナーを開催しました

開催日: 2016年3月17日(木) - 18日(金)
場所: 琉球大学医学部 基礎講義棟 組織病理実習室(206)
講師: SAS Institute JAPAN株式会社
    JMPジャパン事業部テクニカルグループ
    小笠原 澤(おがさわら たく)

SAS Institute JAPAN株式会社様より講師をお招きし、2日間のJMPハンズオンセミナーを開催しました。

 セミナーでは変数の尺度や要約統計量といった統計の基本的な概念をはじめ、
医療統計でよく使用される検定手法やそれらのJMPでの実行方法を説明していただきました

第3回臨床研究ワークショップを開催しました

開催日: 2016年3月5日(土) - 6日(日)
場所: 沖縄都ホテル


2日間にわたり、臨床研究ワークショップを開催しました。

1日目では、ミニレクチャとワークショップがおこなわれました。
 ミニレクチャでは臨床の現場で浮かんだリサーチクエスチョンを具体的な
研究目標に結びつけるための方法論や臨床研究において用いられる用語、概念について
学習しました。また海外で活躍されているゲストコメンテータから海外における
臨床研究の実際についてお話しいただきました。
 ワークショップではミニレクチャの内容をもとに、各グループが課題についての
議論を行いながら研究計画書の作成に取り組みました。

 2日目は、全グループが作成した研究計画を発表し、講師やチューター、
コメンテータを含めてディスカッションを行いました。

第3回琉球大学-東京慈恵会医科大学
共催シンポジウムを開催しました

開催日: 2016年3月4日(金)
場所: 沖縄都ホテル


第3回目となる、琉球大学-東京慈恵会医科大学共催シンポジウムを開催しました。

はじめに沖縄県立南部医療センター・こども医療センター病院長 我那覇仁先生より、
来賓のご挨拶をいただきました。
 次に琉球大学、東京慈恵会医科大学それぞれの臨床研究人材育成に向けての
取り組みが紹介されました。その後、東京慈恵会医科大学と琉球大学の大学院生、
臨床研究インテンシブフェローシップ第1期生の方々から実際に取り組まれている
ご自身の研究内容や経験、今後の展開や課題などをお話いただきました。
各プレゼンテーションの後には海外からお招きしたゲストからのコメントをはじめ、
先生方からのアドバイスや参加者とのディスカッションが行われました。

JMPハンズオンセミナーを開催しました

開催日:2015年10月21日(水)-10月22日(木) 18:00?21:00
場所:琉球大学医学部基礎講義実習棟206号室
講師:SAS Institute Japan JMPジャパン事業部テクニカルグループ 増川 直裕


SAS Institute Japanより講師をお招きし、JMPハンズオンセミナーを開催しました。


はじめにJMPの基本機能について簡単にご紹介いただき、サンプルデータを用いて様々な分析法を学びました。 様々な種類のデータに対して変数の分布の可視化法や相関関係のもとめ方について学び、変数の尺度に合った分析、検定法の選択、 分析結果のレポート化まで学ぶことができました。 2日間にわたり、学内外より50名の先生方にご参加いただきました。


Research In Progress
-第7回フォローアップワークショップ-
を開催しました

開催日:2015年9月24日(木)-9月25日(金)
場所:琉球大学医学部基礎研究棟1階 機器センターセミナー室
講師:兵庫医科大学 臨床疫学 教授 森本剛
   兵庫医科大学 臨床疫学 講師 作間未織
   琉球大学大学院医学研究科 臨床研究教育管理学講座 教授 植田真一郎


Research in Progressと開催名を新たに、現在臨床研究を実施している方々
( 医療従事者)を対象に2日間にわたり開催しました。


今回は、2日間で学内外より6人(琉球大学附属病院より1名、豊見城中央病院より1名、
沖縄県立中部病院より2名、浦添総合病院より2名)の先生方にご参加いただきました。
前半(約30分)で受講生の研究活動の取り組みや問題点を発表し、後半(約30分)は
ディスカッションをはじめ、講師による解説、具体的なアドバイスを頂きました。

第8回夏期臨床研究ワークショップ
を開催しました

開催日:2015年7月27日(月)-7月31日(金)
場所:琉球大学医学部基礎講義実習棟202
講師:兵庫医科大学 臨床疫学 教授 森本剛
   兵庫医科大学 臨床疫学 講師 作間未織
   琉球大学大学院医学研究科 臨床薬理学講座 教授 植田真一郎


7月27日から31日までの5日間にわたり、第8回目となる夏期臨床研究ワークショップを
開催いたしました。

 初日である1日目は、琉球大学医学部附属病院 副院長、循環器腎臓神経内科学講座
教授 大屋祐輔先生に開会のご挨拶をいただいた後、イントロダクションとして講師より、
臨床研究を行う際に留意すべき点などについてレクチャをしていただきました。

2日目の前半はチューターの先生方を交えたグループワークとして、あらかじめグループ別に
提示された課題についての議論をおこないました。
 後半では、各グループによる課題の取り組み内容の発表とディスカッションが行われた後、
講師による臨床研究デザインについてのレクチャがおこなわれました。

 3日目・4日目の前半では、各グループで、出し合った課題をもとに研究目的や
デザインについての議論を行い、研究計画書・データベースを作成しました。
 後半ではベーシック・アドバンストコースにわかれ、講師より統計学、データベース、
統計ソフトウェアへの適用など幅広い範囲にわたってレクチャを行っていただきました。
 最後に、再度グループワークにて、レクチャで学んだことをもとに、ディスカッションの
結果を課題へ反映させました。

 最終日である5日目の前半では、それぞれのグループでディスカッションを重ねた
課題についての発表資料の作成をおこないました。
 後半ではプレゼンテーションをおこない、講師・チューター・受講生による活発な
議論がなされました。

第2回琉球大学-東京慈恵会医科大学
共催シンポジウムを開催しました

開催日:2015年3月6日(金)
場所:カルチャーリゾート フェストーネ

第2回目となる、琉球大学-東京慈恵会医科大学共催シンポジウムを開催しました。

 シンポジウムでは、はじめに琉球大学および東京慈恵会医科大学の臨床研究人材育成に
向けての取り組みが紹介されました。

次に、東京慈恵会医科大学・琉球大学・沖縄県内の医療機関より、実際に臨床研究に
取り組まれている各先生方に、ご自身の研究での経験や、研究体制における課題などを
お話いただきました。

JMP® 勉強会を開催しました

開催日:2015年2月16-18日(月-水)
場所:琉球大学 基礎研究棟1階 ME機器セミナー室
講師:安富祖 仁(北海道大学工学部知識メディアラボラトリ)

 安富祖仁先生をお招きし、統計における仮説検定の概要とJMPを用いた
データ解析についてご講演いただきました。

勉強会は3日間行われ、1日目では、生存時間解析について、具体的な計算例を
交えながら検定法の概要を中心にご講演いただきました。

2日目では、JMPのインストールからJMPを使った基本的な解析を行い、
JMPの操作方法を学びました。またJMPを使用した多変量解析について、
主成分分析(Principal Component Analysis, PCA)などの具体的な解析方法と
解析における注意点を学びました。
3日目では、実データを用いたJMPでのデータ解析を行い、実践的なトレーニングを
行いました。

第6回臨床研究フォローアップワークショップ
を開催しました

開催日:平成26年11月20日(木)13:00-18:00

場所:琉球大学医学部臨床研究棟1階 大学院大セミナー室

講師: 植田真一郎(琉球大学大学院医学研究科臨床薬理学講座 教授)
    森本剛(兵庫医科大学内科学総合内科 教授)
    作間未織(兵庫医科大学内科学総合内科 講師)



 現在臨床研究を実施している医療従事者の方々を対象に、
第6回臨床研究フォローアップワークショップを開催しました。
前半では全受講者が各自の実施している研究について、研究の概要からはじまり
現在抱えている課題について、20-30分にかけて発表しました。
後半の20-30分では、講師の先生方による解説、アドバイスをいただきました。